HOME > 診療案内 > 矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科治療をおすすめする理由

矯正歯科治療をおすすめする理由

矯正歯科の治療は、単に歯並びを整えて見栄えを美しくするだけではなく、噛み合わせを正しくすることで“噛む”機能を回復することも目的としています。噛み合わせが悪いと、身体全体のバランスを崩して健康を損なう原因となることもあります。
当歯科では、ただ見た目の悪さを改善するだけではなく、健康的な生活を長く送っていただくためにも、矯正歯科治療をおすすめしています。

噛み合わせが悪いと…?

当歯科の矯正歯科治療の特徴

患者様お一人おひとりに合わせた矯正治療

当歯科の矯正歯科は、専門の矯正歯科医が治療を担当しています。お一人おひとりのお口の状態に合わせ、その都度ワイヤーの調整をおこないますので、より効果の高い矯正治療を受けていただくことができます。

歯並びだけではなく、お顔全体のバランスを考えた矯正治療

せっかくきれいに歯並びを整えても、お顔全体のバランス(特に横顔)が美しくなければ、時間をかけて矯正歯科治療をおこなう意味がありません。当歯科では、ただ歯並びをきれいにするだけではなく、治療後のお顔のバランスまで考えながら、患者様にとって適切な治療方法をご提案いたします。

大人の矯正歯科治療

矯正歯科治療は、歯の骨がしっかりとしていれば、いくつになっても受けていただくことができます。「無理かもしれない」と思う前に、お気軽にご相談ください。

大人の矯正歯科治療例

大人の矯正治療例1/でこぼこの歯(叢生)

でこぼこの歯(叢生)の治療前
治療前

でこぼこの歯(叢生)の治療後
治療後

主訴 八重歯が目立つデコボコの歯並びと、かみ合せが合っていない症例です。
診断名・症状 叢生
年齢 13歳 (永久歯が生え揃った以降)
治療に用いた主な装置 セラミックブラケット
抜歯部位 上下左右の第1小臼歯(4本)
治療期間 2年(保定2年)

大人の矯正治療例2/上下顎前突

上下顎前突の治療前
治療前

上下顎前突の治療後
治療後

主訴 上下の顎が前に出ていることで、口元が突出している症例です。
診断名・症状 上下顎前突
年齢 36歳
治療に用いた主な装置 セラミックブラケット
抜歯部位 上下左右の第1小臼歯(4本)
治療期間 2年(保定2年)
治療回数 治療期間の通院回数は月に1回。保定期間の通院回数3〜4ヶ月に1回。
治療費総額の目安 40万円〜100万円
副作用・リスク *矯正装置を装着することにより審美面への影響があります。
*矯正を始めた当初は痛みや発音への違和感がある場合があります。
*歯根吸収や歯肉が退縮する場合があります。
*矯正装置が付いていると歯磨きしにくいため、むし歯に注意が必要になります。
※矯正治療は自費診療になります。

千葉県大網白里市大網221-1

伊藤歯科医院地図

R128バイパス沿い
らいもん大網店隣
ベイシア大網白里店近く